2話のネタバレ

ネタバレ

美人面犬の飼い方2話のネタバレ

「まさか・・・また、このくさいのをなめてってことじゃないでしょうね?」

 

「姉ちゃんがいやなら、いいけど・・・」

 

 

「い、いやに決まってるでしょ~~~」

 

彼女は困った顔をした。

 

 

 

「でも、不潔にして、ケイが病気になったら、いけないし・・・」

 

 

そう言うとくちゅくちゅっと吸い込みながら、

「はあ、ひどいニオイ・・こんな汚いものを姉になめさせるなんて、なんて、弟かしら・・・・」

 

 

そんなことを言っているが、彼女は、汚れたチ●コをなめることが本当は大好きだ。

だって、尻尾をめっちゃ振ってる・・・

 

 

 

人面犬の舌は、やわらかい。

汚れやすい部分をていねいになめてくれて・・・

 

 

 

うううううっっっ

 

 

再び勃起してしまう。

 

 

「せっかく小さくしたのに・・・これじゃあ、帰れないじゃない」

彼女はため息をついた。

 

 

「もう・・・しょうがないわねえ。もう一度お姉ちゃんのお口に出しちゃいなさい」

 

 

僕は彼女の口の奥に突っ込んだ。

 

 

「気持ちいい!気持ちいいよ!姉ちゃん!」

 

 

 

姉は姉で、困っていた。

本当はこんなこと、姉弟で・・・しかも、犬と人とで、こんなカンケイ、ぜったいに許されることじゃないのに・・・

 

 

弟がうれしそうな顔をすると、わたしはなんでも許してしまう・・・

 

 

 

僕と姉がこんな関係になったのは、数ヶ月前からのことだ。

学校の友達からエロ本を見せられた。

 

 

「よおケイ、お前にもこれ見せてやるよ」

 

 

オンナの人の裸をみたのは、それが始めてだった。

僕の家は、親が厳しいのだ。

 

 

初めて見たその写真は、すごく衝撃的で、その日以来、僕は何を見ても、女の裸ばかり気になった。

そして、ついに、人面犬の姉にまで、欲情してしまったのだ・・・

 

美人面犬の飼い方

>>無料立ち読みはこちら

ネタバレ
美人面犬の飼い方は抜けるエロ漫画なのか?無料立ち読み、ネタバレ情報